2011年9月1日木曜日

2011年キャンプ (8月)、B-6君火入れ

夏は涼しいところでキャンプするのがいい。
標高1000m超えのところに行きたかったが、休日となると天気予報が思わしくなく、消去法的に場所選びをすることになった。



8泊目(8/7-8)
何回も東北にボランティアに行っている友人とのデュオ。彼の行動力には脱帽だ。
選んだのは西湖自由キャンプ場。(標高約900m。)

東名を沼津で下りて沼津漁港でランチ&買い出し。その後富士山の西側を通って富士五湖方面へ。
途中R139の渋滞にはまっていたところにゲリラ豪雨攻撃を喰らってしまった。あと数分前にレインスーツを着ていれば良かったと反省しきり。

キャンプ場はシンプルで少人数にはぴったり。薪は500円。

徒歩数分のところにいずみの湯という温泉施設があるので汗を流してさっぱりできる。また、キャンプ場で割引券をもらえる。



焚き火をしながらボランティアの活動の話しを聞いたのだが、この日はゲリラ豪雨に引き続いて失敗が重なった。
*夜にも雨が降ったのに、酒を飲むのに夢中でタープに雨水を貯めてしまい、ポールを曲げた。
*最後には泥酔してしまった。
*そのせいで、大事なカーミット チェアに座るときにバランスを崩して転倒。チェアを壊してしまった。あ~反省。部品を数点買わなければならない。(これはまた後日)



恒例の焚き火画像

夜には魚が跳ねる音が聞こえて、景色も良いこのキャンプ場、また行こう。カヤックもいつかデビューしたい。

305.1km
29,138km

9泊目(8/28-29)
今年3度目のソロ。本当は長野の駒出池キャンプ場(標高約1300m)に行きたかったが、天候が良くないので断念。関東近県&涼しそう&天気が悪くないのは、富士山エリア。群馬や栃木、富士五湖や道志は怪しい。。。

また消去法で朝霧高原に出かけることにした。
ソロだから行った先の雲の様子で林間にするか草原にするかを決めればOK。富士山を見られるようなら草原、雲が厚ければ林間、悩んだら朝霧ジャンボリーオートキャンプ場にしようと思った。

ジャンボリーに電話をしてみると、イベントを開催中とのことで撃沈。。。雲もそれなりに厚くなっていたので、朝霧高原オートキャンプ場に問い合わせた。バイクのソロは1500円とのこと。ここは林間だし、確か風呂が無料だから即決。薪は400円、標高は約670m。ソロキャンプの人には栄養ドリンクのサービスがある。

ファミリー キャンプが何組か入ってて、デイキャンプのBBQの集団もいたので、端の方の区画でひっそり張ることにした。少しだけ残念なのが、ツーリングルートになっているエリアだからドコドコ音が聞こえること。けど暗くなればバイクも走らない。

今回は初がふたつ。俗に言うOGAWA張りというやつと、先日入手したB-6君の火入れだ。

それでOGAWA張りだが、手持ちの165cmのポールだとなんだか窮屈ということが分かった。この張り方は雨の日用にしようと思う。

B-6君、絶好調!本来は焚き火台だけれど、オプションを追加して炭火グリルとして使用。これがあれば炭火起こしは不要だし、念願だった炭火焼と焚き火の同時進行(ちょっと忙しいけれど・・・)ができた。
これ、燃焼だけでなく、収納することを考え抜いた各部品のサイズもすばらしい!


刺身を食べ、リブアイを焼き、酒も進む。そして焚き火も盛り上がる。結局3束燃やした。


恒例の焚き火画像

夜は暖かく、シュラフをかけて寝た。ゆったり、まったり過ごせた。


翌日は次のキャンプ候補地を下見に田貫湖へ。
実に泊まりたくなる場所だ。













306.3km
29,444km

0 コメント:

コメントを投稿