2011年10月20日木曜日

2011年キャンプ (9月) その5

14泊目(9/28-29)、ソロ キャンプ
夏休みをずらして取ったので平日キャンプの機会に恵まれた。しかも天気は快晴!
キャンプしまくった9月はこれで5回目。今までの人生の中で最高の富士山を見ることができた。



向かったのは御殿場やまぼうしオートキャンプ場。富士エリアのメジャーなキャンプ場のひとつで、今まで何回か予約の電話をしてみたが、満杯だったことが多く、ずっと行きたいと思っていた。快晴の平日に行かない手は無い。
魚啓に家族を連れて行った際に下見済みなので、まったく迷うことなく到着。

今回の設営はこんな感じで、東屋を使わせてもらった。


昼食の後、きれいな青空&富士山の写真を取りながらゆっくりした時間を過ごした。先日部品交換が終わったKermit Chairなんかも撮ったりして。

薪を3束買い込み、夕方に備えた。(薪は杉と思われ、1束500円。)

あわや貸切りかと思ったら1組ご来場。(実はちょっと心細かったので安心した。)
夕日が沈むころにソロ宴会のスタート。

近所の山崎精肉店で仕入れた馬刺しもあり。

いつものようにお酒を飲みながら焚き火をして、リラックスした時間を過ごすことができた。こういうキャンプは疲れた心を本当に癒してくれる。

恒例の焚き火映像。


まだ外が真っ暗な朝4時ごろ、ちょっとした事件が発生した。
なんとなく目が覚めたところに、外にあるコッフェルがカタンと音をたてた。風はそんなに吹いていなさそうだった。
すると、、、外に出していたゴミ袋を何か得体の知れない獣があさっている。恐怖で心臓バクバク、鳥肌ゾォ~。顔を外に出せなかった。
ゴミ袋の中身をゴソゴソあさり、中のものに噛み付く音がしばらく続いた。
音が止んだと思ったら数分後にまた同じ行動に出た。空き缶も蹴散らし、結局30分位滞在したようだ。

日が出てから起きてみると、食品が入っていたトレイがこんなことになっていた。少し食べちゃったのね・・・

そんなことがあったが、快晴が続き、富士山がとてもきれいだった。


こんな好条件の中、心にしみるソロ キャンプができたので大満足。(今シーズン、ソロは通算6泊目?)

帰りは須走の道の駅(いつの間にか出来ていた)、山中湖を経由し、道志から横浜方面へ。



いつの間にかススキも見ごろになっていた。

217.6km
30,705km

0 コメント:

コメントを投稿