2011年11月7日月曜日

2011年キャンプ(11月) 紅葉キャンプ

16泊目(11/4-5)

土日で紅葉を求めて友人とキャンプしようと考えていたけれど、日曜の天気が怪しい・・・
前回から約1ヶ月経っていたのと、翌週は米国出張なので出かけられない。友人には申し訳なかったが、どうしても我慢できず11/4(金)に休みをもらってソロ キャンプ。



平日にキャンプするということで、土日の予約がとりにくい道志の「とやの沢オートキャンプ場」を選んだ。ここはWEBページをもっていないが、いろいろな方のブログで評価が高いので情報はすぐに見つかると思う。バイクのソロの料金設定が無いのが残念だが、ソロキャンプの場合、サイト料金2000円+ひとり900円の合計2900円。風呂付きということを考えれば、まあOKかな。

着いてみて納得。なんだかとても居心地が良い。道志みちから距離があるのでクルマやバイクの音は聞こえないし、すぐ横に沢があるのでそこを流れる水の音も聞こえる。サイト間もうまく目隠しされているし、場内、トイレ、水場の清掃も行き届いている。




平日ということもあり、もみじに囲まれた大きな27番サイトを贅沢に使わせてもらった。

ウダウダ準備をしていて出発が遅れ、現地入りしたのが15時ごろになった。設営や薪を細かくするのが完了する頃には薄暗くなってしまった。
ここは風呂付き。1時間おきに男女交代の入浴で、18時からは男性の入浴タイム。ヒノキの心地よいお風呂に入ってリラックスしてから夜の部をスタート。

薪は杉で、1束300円。今回は入手したての焚き火台(ファイア スタンドII)の火入れということもあり、3束焚いた。

けど、この焚き火台を芝生や枯れ草のあるサイトで使ってはいけない。
メッシュの端から火のついた薪がこぼれたり、細かな灰が下に落ちたりするからだ。軽量なのは良いのだが、行く先を選ぶという点が弱点だ。もうひとつ、脚の下に付いているキャップがすぐになくなりそうだ・・・
結局、軽さ重視の装備、かつ砂利をしきつめたサイトに行くときだけの出動になりそうだ。

そんなことを考えていたせいかどうかは分からないが、薪が爆ぜてタープに人差し指の爪くらいの穴があいてしまった・・・

恒例の焚き火映像はここと、ここ

今回のもうひとつの新アイテムはシュラフ。去年、千葉の森のまきばでキャンプしたときに最低4℃までのシュラフで挑んだら、見事に寒さに負けたので、秋冬用に新調した。
ナンガ(NANGA)ポーリッシュバック450DX。温度域が-6℃~-12℃。あの小さなケース(φ14cm×31cm)に入っていたとは信じられない位に膨らんで暖かい。
(けど今はもう2ヶ月待ちになっている・・・買っておいてよかった。)




モミジに囲まれたキャンプをしたい方はぜひ近日中にどうぞ。

31,091km
151.9km

2 コメント:

  1. メッチャ!秋を堪能してますねぇ

    明日は、イベントでキャンプしてきます!

    こんな景色のいいところでは、ないけどねぇ~

    返信削除
  2. ノブさん

    Dミーティングですね。楽しんでくださいね~。
    レポ、楽しみにしています!

    ところで、ゼロコメントの連続を断っていただき、ありがとうございます。

    返信削除