2012年6月10日日曜日

梅雨入りしたので野毛へ

せっかくの土曜日、朝から雨が。これではキャンプ サイトに出撃できない。

こんな時には野毛でソロ活動するに限る。目標は5件ハシゴ。

まずは野毛柳通りの「ももちゃん」へ。博多中州流の串焼きを出してくれるということで、初入店。

オリジナルの酢ダレのかかったキャベツ(おかわり自由)、串焼きにはその酢ダレや青唐辛子を刻んだのを付けて食す。いや~さっぱりしていくらでも行ける。


ホンビノス貝の酒蒸しもうまかった。

ハタハタなどの魚の焼き物もあったけれど、次回の楽しみにしておこう。

2軒目は「ぴんぴん」へ。かれこれ数回目になる。

まずはタコとマグロのぶつ切り、「ぶつぶつ」というメニューを。
マグロは結構良いところを出してくれた。
マスターと話しをしつつ、追加で手羽のにんにく醤油焼き、うまかった~。

このお店のホッピーはちゃんとキンミヤなのである。

3軒目は野毛小路にある「takobe」へ。ここにも初入店。
ここではtakobeセットというワイン、チーズ、オリーブ、ナッツ、たこ焼きの5点セット(750円!)をいただいた。

ビリケンさんの足を触って写真をとりつつ、ワインを1杯おかわり。

店を出るとき、他のお客さんから「行ってらっしゃい」の掛け声がかかった。こういうフレンドリーさが野毛で飲む人たちの良いところだ。

4軒目は都橋商店街の近くにある「宮川橋もつ肉店」へ。ここにも初入店。
ものすごい繁盛ぶりだった。
さすがに結構お腹一杯となっていたので、高さ10cmはあろうかというポテトサラダを諦め、名物のモツ煮込みをいただいた。

牛のリブ芯(300円でボリュームのある2串)を1本食べたところで限界。この店に最初に入ればよかったかもと後悔・・・
残ったリブ芯は隣で飲んでいた若いお客さんにお願いした。

5軒目に挑戦するには厳しい状況だったので、散歩でもすれば少しは隙間ができるかなということで、桜木町方面に移動。

三陽のあたりをブラついていたら、「三陽村役場」という新店ができていた。
ネギ炒めと餃子が頭に浮かんだが、全然お腹の余裕がなく、断念・・・

ではもう少し歩こうと思い、昔住んでいた所にほど近い伊勢佐木町をブラブラした。

すっかりご無沙汰している4丁目のTASTEVINもちゃんと営業していて安心したが、まだお腹には隙間が出来ず、5軒目には挑戦せずに帰還することにした。

この晩、4軒行って使ったオカネは6,000円台後半。

4 コメント:

  1. お酒復活したんですねぇ

    宮川橋もつ肉店は、ヤスさんのお知り合いが居る店ですよぉ~
    野毛最近行ってないなぁ~

    今度、地元でも飲みましょうねぇ~

    返信削除
    返信
    1. knobさん

      遅くなりまして・・・

      そうなんですか。さすがヤスさんですね。

      地元飲み、危険そうですね ;-)

      削除
  2. なかなか魅力的なソロ活動ですね。

    博多でよく食べた貝が美味しかったと記憶にあったんですが、名前が思い出せす・・・
    ホンビノス貝だったんですね。
    こんな風にブラブラするのもよいですね。

    返信削除
    返信
    1. たつさん

      野毛、いいですよぉ~。
      横浜に来られた時には是非どうぞ。

      ホンビノスは外来種で、アメリカではクラムチャウダーに使われているようです。

      削除