2012年7月20日金曜日

2012年キャンプ: ああ、混雑の中のデュオ キャンプ

7泊目(7/15-16)

海の日で3連休。嫁をキャンプに連れて行くことにした。家族でバンガロー泊をしたことはあるものの、嫁とのキャンプは初めて。

「悪い印象を持たれないように」との思いで場所選びはかなり悩んだ。だって、今後のキャンプ用品購入の障害になると困るから(笑)

道志のMKBでは先輩キャンパー達が貸し切りキャンプをされていて、そこなら予約無しで行けると思った。しかし、まずはそれ以外の所をあたって見ることにした。

もう暑い夏なので、横浜からそんなに遠くなく、涼しい所、安くて、かつ景色も良さそう、となると西湖が思い浮かんだ。






新東名を通って、朝霧のミルクランドでジェラートを食べてもらって、と嫁への気遣いはOKかなと。

3連休の2日目なので土曜宿泊組が撤収する頃合いを見計らって現地入りすることにした。

自由キャンプ場は案の定ギュウギュウで、福住ならちょっとは空いているかなと思ったのだが、これが大間違いだった・・・

上段のサイトはびっちり詰まっていて、湖畔もほぼ埋まりかけていた。他の穴場的なところにしようかと一瞬悩んだ。


ところがちょっと観察してみると撤収しているキャンパーを湖畔サイトに発見!


念のため声をかけてみると、「もう少し待っててね~」と。


ファミリーやグループだらけでソロなら確実に別の場所を求めて放浪コースだったけど、「こっちもデュオだから」と居座ることにした。


結果的にいろいろと嫌な思いに繋がるのだけれど、その時には予想できなかった。まだまだ修行が足りないなぁ・・・



湖畔サイトに設営。


そして乾杯。
断酒したのでオイラはノンアルコール飲料を飲んでみた。



目の前の湖ではインターナショナルのファミリー グループが泳いでいた。その時は気付かなかったけど、彼らは困ったちゃん達だったのだぁぁぁ。

最初はほんの数名だったけど、しまいには10名位に膨れ上がり、薄暗くなるまで泳いでから陸に上がっては我々の目の前でペチャクチャ。もうこっちは食事の時間だというのに・・・

そう言えばさっき撤収したキャンパーが、「彼らヤバイよ」的なことを言っていたっけ。
完全に今回の場所の選択はしくじった・・・


暗くなるとさすがに彼らはサイトに戻って、やっとまったりタイムを始めることができた。


しかし、それも1~2時間ほどだっただろうか。暗いにもかかわらず酔った数名が戻ってきて湖に入った。暗いのもあって何かあっても助けようがないのに・・・本当にクレイジーだよ。
気が散ってしょうがなかった。


そうこうしている間にこちらの食事は終わり、焚き火タイム。




西湖の風は思ったよりも強く、火の粉が飛び散り、サイトが密集していて危険なので薪一束で断念。あと二束あったのだけれど・・・


ここでまた災難。


食器を洗い、軽く後片付けをしていたら、、、タープのポールがポッキリ折れた。
もう一本はしんなり曲がってしまった。
モンベルの165cmのコンパクトなアルミミニタープポール、弱そうだったから覚悟はできていたけどね。

そんなこともあってタープは撤去。焚き火もできないので、もう寝る。


またまた災難。


例のグループ、なんだか見たこともない太鼓を持っていて、それを夜の11時過ぎだというのにポンポコ叩いてやがったのだぁぁぁ。(怒)

耳栓を持ってきていたので装着したのだが、それでも聞こえる・・・けれどウトウトして来たので文句を言いには行かなかった。

少しは寝た。


またまたまた災難・・・


深夜の1時過ぎに例の困ったちゃん達の数名がオイラのテントの近くに来て会話を始めた。眠れない・・・(怒x2)

文句を言おうか悩んだが、万が一エキサイトしてしまうとそれはそれで周りに迷惑をかけることになりはしないだろうか・・・勇気がなく放置した。寝不足決定である。



嫁はそれなりに楽しんでくれた様子だが、今週末はどこか静かな所でリベンジしたいものだ。


教訓
夏のキャンプ場選びは慎重に。

0 コメント:

コメントを投稿