2012年7月23日月曜日

久々のバイクのカスタマイズ

ず~っとキャンプ関係のポストが続いたので、久々にバイクのカスタマイズの記録をば。

5月のLA出張の時にBartel's H-Dで購入したパーツを取り付けた。購入時に対応してくれた店員が良いノリしてたっけ。ちょっと酔ってるんじゃないか?と思ったけど。

今回のカスタマイズの動機付けになったのは、今まで使ってきた安価なミラー(One-Piece Round Mirrors 91930-92T, 91931-92T)がサビサビになってきたことと、ミラーそのものがフラットで後方の視界が狭く、高速道路などでの追い越しで何度もヒヤッとしたこと。



また、、4年ほど装着していたウィンカーのレンズのカバー(Drag Specialty、プラスチック製・・・)の劣化が進んだこと。メッキが緑に変色したり、割れたり・・・












社外メーカーを調べればいろいろとCOOLなものもあるのだろうけど、今回は店頭で手に入る下記の3種類の純正オプションを選んだ。(Bartel'sは純正オプションが豊富だけど社外パーツはあまり置いていない。一方LA H-Dにはちょこちょこといろんなのが置いてあるけど今回は行かなかった。)

Classic Teardrop Mirrors; 91971-98

Clear Turn Signal Lens Kit - Flat Lens; 69307-02

Visor Style Trim Ring Collection - Turn Signal; 69749-05



トリムリングの裏側はクリアのシャシ コートで錆の対策をしておいた。




フロントはこんな感じに。(ウィンカー レンズの光はカメラのフラッシュの反射。)


しっかし、ティアドロップ型のミラーなので左右に数cmずつ幅広になり、すり抜けが大変になった。

0 コメント:

コメントを投稿