2012年8月27日月曜日

タープ ポールはモンベルからOGAWA CAMPALに

モンベルのミニタープHXに使っていたアルミ ミニ タープ ポール165、この間、西湖での強風で折れたり、曲がったり・・・

買ってから1年10か月で破損。

2度目は同じものは買わないことにして、他社のものを探してみたけど、170cm~180cm位で折りたたみ寸法がコンパクトなものってなかなか見つからなかった。




いっそのことスノーピークのライトタープポール150を3本買って、分解、連結して180cmのを作ろうかとも思ったけど、不器用なのと面倒なので中止。(根性無し・・・)

2代目はOGAWA CAMPALのALアップライト ポール 170cmにすることにした。(リンク先ページの品番3026)

ポールの破損予防にストレッチコードも買ってみた。


モンベルのポールと比べると折りたたみ寸法が7cmほど長くなって47cmになる。

けれど太さが13mmから16mmになって安心度アップ。

材質的にも安心できそう。
モンベルのスタッフ バッグに入れると3cmほど飛び出す・・・

折りたたんだときの太さは、モンベルのポールが5本継ぎ、OGAWAのが4本継ぎだから、大差ないのが救いだ。

ライトタープ“ペンタ”シールドの指定のポールは150cm。

けれど、チェアを使うとちょっと頭上のクリアランスが厳しい。

機会をみて今回入手した170cmのを試してみたい。

座面の低いマンティス チェアの脚が折れさえしなければそんなことは必要無いのだけど、ヘリノックスやカーミットの場合には試す価値ありだと思う。

0 コメント:

コメントを投稿