2012年10月1日月曜日

2012年キャンプ: 浩庵キャンプ場で手抜きキャンプ

12泊目(9/29-30)
前回から4週間ぶりのキャンプ。

台風は来ているし、日曜の朝から自治会の祭りで仕事があったのだけど、ストレスフルな9月だったので、焚き火をしたくてたまらなかったんだよね。

雨風を受けても逃げられるように、またサクっと撤収できるように、今回はバイクでなくクルマで出撃。

今回はひっそり道志で過ごすよりも、ドーンと開けた場所で過ごすことにした。

1000円札にその素晴らしい景色が描かれている本栖湖からの富士山を見よう、ということで以前チェックしておいた浩庵キャンプ場に向かった。

東名高速は行きも帰りも自衛隊の車両が多かったっけ。

最近どこのキャンプ場も混雑しているから、あとで息苦しい思いをするよりは、先客が設営を終えている頃を見計らってチェック イン。

良い場所が無いかもしれないけど、ダメだったらいくつか代替案があるとの強気で行ってみた。(内心はちょっぴり不安だったけれど・・・)

そこそこ平坦な場所にクルマを停めて、タープと椅子、テーブル、ランタンなどの小物だけで設営完了。

その頃には雲が厚くなって景色はイマイチ・・・ もっと早い時間に入れば良かったかもと、ちょっと反省した。台風の風の影響はまだ無く、穏やかで無風の時もあったくらいだった。



焚き火の準備をして、手抜きの夕食。

久しぶりにハマグリを焼いたり。

これ御殿場のAokiというお店で購入。
普通のスーパーマーケットには置いていなさそうなものを売っているので、なかなか重宝する。

で、焚き火をしてエネルギー注入。

ミルクランドで売っている薪は「野菜」の扱いということを知り、ちょっとニンマリしたりして。

夜の9時を過ぎる頃になると雲に切れ間ができて、月も明るかったので写真を撮ってみたけど、、、オイラのウデではこんなもんか。

翌朝も快晴ではなかったけど、景色はドカンと、そしてほんの少しの時間でどんどん変わっていく。



で、湖畔のサイトはここだけだはなく、どこも写真のように傾斜があり、平坦な所がほとんど無いのが弱点。

林間の広場サイトもあるけど、難民状態だったし、夜遅くまで騒いでいる団体さんがいたので、よっぽど時期を狙わないとマッタリ過ごせないと思う。

ところがここはクルマでは入りにくいエリアがあり、そこは平坦のポツーン サイト。クルマを湖畔に停めて、数メートル荷物を持って上がればゆったり空間を確保できる。(湖畔に出て左側奥。写真はないけど・・・)

今回は手抜きキャンプだったから使わなかったけどね。

帰りがけ、1000円札と同じようなアングルで撮ってみた。せめて雲がなければ・・・


帰ってからは自治会の祭りに参加。イギリスから来てまだ1週間という方としばし話した。



おまけ。

ストレッチ コードの説明書きがおかしい。

0 コメント:

コメントを投稿