2013年7月6日土曜日

Kuryakyn L.E.D. BATTERY GAUGE 4219

暑くてジメジメ。キャンプに行く気が失せてしまったので、愛車に電圧計を取り付けることにした。

Road Kingには電圧計が無いのと、バッテリーも6年目に突入して不安だったからだ。
(さっさとバッテリー交換するのが一番だけど・・・)



日本仕様のFLHRはフロントフェンダー先端のチップランプが点灯しないようになっている。

なので、そこに使われるコネクター(フロント フェンダー チップ ランプ ジャンパー ハーネス コネクター)には何もつながれていない。

図の右側、矢印のところ。

ナセルの左側に隠れていて、引っ張り出せる。


幸いにもコネクターの差込側(下図の36)が残っていたので、それに電圧計をつなぐことにした。


コネクター ピン(メス側)が必要。
部品番号:73191-96 Receptacle, Contact

今回選んだ電圧計はKuryakyn L.E.D. BATTERY GAUGE 4219。($44.99)
米国のH-Dディーラーでは手に入らなかったけど、国内のWEB通販で米国定価+消費税より安く手に入った。


アクセサリ ONでグリーンがひとつ点灯。

イグニッション ONだけではイエローがふたつ。


エンジンを始動するとグリーンがふたつ。


ACCをONにすれば手軽に電圧をチェックできるようになった。

走行中にはチェックしにくい位置だけど、信号待ちの時であればOKかな。

グリーン:12.5v - 14.5v

イエロー:充電の問題あり

レッド:電装系にやばい問題あり

以下、マニュアルからの抜粋。

NOTE: This universal battery gauge is designed to indicate the safe charging levels of any 12 volt alternator/battery powered motor vehicle  electrical system. The gauge is equipped with 9 LEDs with an  automatic “day/night” brightness control. The gauge is calibrated in 1/2 volt increments from 8–16 volts.

 —The green LED zone of 12.5–14.5 volts indicates a safe charging  range level for the entire electrical circuit the battery gauge is reading.

 —The high and low yellow LEDs warn of an over or under charging problem.

 —The extreme high and low flashing red LEDs warn of an impending electrical system failure.

0 コメント:

コメントを投稿