2013年12月12日木曜日

焚き火をする時のジャケット Carhartt Washed Duck Jacket 100733

以前、Flame Resistantのウェアを紹介したけど、BOOT BARNで現物を見たら非常にごっつく、しかも200ドル超えと結構お高いので断念した。

その代わり、丈夫そうなデニムのジャケット (Carhartt Washed Duck Jacket 100733) が安かったので購入。確か60ドル+消費税10%程度だったかな。

自分の身長は167cmなのでMサイズでインナーを重ね着しても余裕がある。

生地は12オンスのデニムというから薄めのジーンズ程度かな。

Carhartt Men's Washed Duck Jacket



これ、裾の後ろ側が少し長くなっているので、座った時にお尻が寒くなくて具合が良い。

内側はキルティングだけど、そんなに厚手でないので防寒性は高くない。

気温がひと桁台のときに薄手のシャツの上に羽織ると「ちょっと心細いかな」という感じ。

また、先日朝霧にバイクで出かけた時には、ヒートテック、トレーナー、フリース、ダウンの上にこれを着てバイクで東名を走ったけど、ちょっと寒い感じがした程度だった。

冬場にはインナーにしっかりとしたものを着こむ必要があるけど、インナーを調整すれば冬だけでなく早春や晩秋にも使える。

残念ながら日本では売っていないようだ・・・

米国だと BOOT BARN のサイト などで見つかる。送料次第では輸入もアリかも。

0 コメント:

コメントを投稿