2015年8月25日火曜日

2015年キャンプ: 長野遠征2日目は絶景のカヤノ平で

2015年の3泊目 (8/5-6)

長野県下高井郡木島平村にあるカヤノ平高原キャンプ場へ。

自宅からここまでは300kmを超えてしまうので、遠征した時に泊まろう決めていたキャンプ場だ。



料金は1,050円、薪は410円、標高は1,400m超なので真夏でも十分涼しい。

また、山奥で携帯の電波も届かなく、デジタル デトックスをするのにも良い。


トレッキングコースもある
タープは今シーズン導入したTATONKA 2TC

このグレーの部分の強度はいかがなものか・・・
直火禁止なので焚火台が必要

このキャンプ場のハイライトは夜空の星、それから早朝の風景。





唯一の弱点は、ブヨ・ブユ・ブト、それからアブ。

朝夕の涼しい時間帯に大群で襲ってくるので、その時間帯は外に出ないのが吉だと思う。

朝も夕方も4時過ぎから7時ごろまで、外にいると身の回りを取り囲まれる。

その時間帯はできるだけテント内で過ごしたのだけど、早朝の絶景を撮りに外に出たとき、手にほんの数秒だけ小さなヤツが止まった。

それなのに、ものすごい痒みだったからね。。。まったく仕事の早いヤツだ。。。

人生初のブヨ被害、この後腫れがひどくなった
朝露に濡れたタープには点々とヤツらの死骸が・・・



実はここに向かう途中、馬曲温泉 望郷の湯に寄りたかったのだけど、あいにく休みで風呂に入れなかった。。。

事前にチェックしたときはキャンプ場にシャワーがあるということだったけど、いざ行ってみるとシャワーが故障中とのことで、、、厳しかったなぁ。

濡れタオルでカラダを拭こうにもブヨが群がって来るし・・・

これから行かれる方は周辺の風呂をチェックすることをオススメします。

0 コメント:

コメントを投稿